自分に合う入れ歯が欲しい 入れ歯治療|多摩市の歯医者「林歯科医院」

快適な入れ歯で、美味しい食事と、楽しい会話を

自分に合う入れ歯が欲しい 入れ歯治療

短期間で噛めるようになる入れ歯

[画像]女性

歯を失ってしまった場合には、すぐに失った歯を補う必要があります。
失った部分をそのままにすると、周囲の健康な歯にも悪影響を与えたり、噛み合わせが合わないために体調不良を起こしたりする可能性もあるからです。

歯を補うためのもっともポピュラーな治療法が「入れ歯」です。
現在では、さまざまな素材が開発されていますので、患者様のお口にあった最適な入れ歯をつくることができるようになりました。
すでに入れ歯をご使用の方で、入れ歯が合わないといったお悩みをお持ちの場合も、ぜひ当院へご相談ください。

入れ歯のメリット・デメリット

メリット デメリット
1.費用が安い 保険適用外の精密な入れ歯を作製しても、費用はインプラントよりも安価です。 1.装着時に違和感がある 入れ歯を入れたばかりの時には、お口に違和感があります。慣れると違和感は軽減します。
2.身体的な負担が少ない インプラントのように手術の必要がないので、身体への負担が少なく安全です。 2.外見が目立つ 入れ歯の種類によっては、バネを引っ掛けるため目立ってしまうものがあります。
3.治療期間が短い 通常の入れ歯であれば1ヶ月程度、精密なものでも3ヶ月程度で完了します。 3.健康な歯に負担がかかる バネをかけるタイプでは、バネを固定する健康な歯に負担がかかります。
4.手入れがしやすい 着脱可能なので手入れがしやすく、清潔に保つことができます。 4.噛む力が低下する 健康な天然歯に比べると噛む力が落ちます。ご自分の歯と比べると、半分程になります。
5.歯を削らなくてもよい ブリッジなどのように健康な歯を削る必要がなく、他の歯への影響を最小限に抑えることができます。 5.イメージが悪い 入れ歯というと「高齢者」というイメージがあるので、若い方の場合は入れ歯自体がコンプレックスになることもあります。

入れ歯のタイプ

入れ歯には大きく分けて「部分入れ歯」と「総入れ歯」の2つのタイプがあります。

部分入れ歯
[画像]部分入れ歯
総入れ歯
[画像]総入れ歯
歯の一部を失った場合に使用する入れ歯。
残っている健康な歯にバネをかけて、失った歯を補います。バネをかけた歯に負担がかかるので、定期検診では健康な歯のメインテナンスも行います。
すべての歯を補うための入れ歯。
噛む機能のすべてを入れ歯に頼ることになり、付け心地が非常に重要になります。当院では患者様のお口にぴったり合うように作製していますので、痛みや違和感はほとんど起こりません。
入れ歯には保険適用のものと自費のものがあります
入れ歯は使用する素材によって、保険が適用されるものとされないものとがあります 保険の入れ歯は、治療費が安価な一方で、審美性と機能性が劣ります。 一方、保険が適用されない自費の入れ歯は、治療費は高くなりますが、審美性にも機能性にもこだわって素材を選ぶことができます。
それぞれにメリットとデメリットがありますので、当院では患者様のご希望を伺った上で、最適な治療法をご提案させていただきます。

PAGE TOP

林歯科医院の入れ歯

レジン床義歯
[画像]レジン床義歯
レジンとは歯科用のプラスチック素材のことです。歯ぐきの部分がレジンでできた入れ歯で、保険が適用されます。
金属床義歯
コバルトクロム床義歯
[画像]コバルトクロム床義歯
コバルトクロムの金属床入れ歯。金属床の入れ歯としては比較的治療費が安価です。
チタン床義歯 [画像]チタン床義歯 チタンの金属床入れ歯。軽く薄くつくることができ、安全性も高いという利点があります。
コーヌスクローネデンチャー
[画像]コーヌスクローネデンチャー
バネを使用しない部分入れ歯で、審美性に優れています。またバネを使用した場合に比べて、健康な歯への負担を小さく抑えることができます。
ノンクラスプデンチャー
[画像]ノンクラスプデンチャー
金属を一切使用しない入れ歯で、審美性に優れ装着感も自然です。
ただし寿命が短く、3年程度で作りかえる必要があります。
シリコンデンチャー
[画像]シリコンデンチャー
金属を一切使用せず、生体シリコンを使用した入れ歯で、薄く軽くやわらかいので装着感が自然で、審美性も優れています。
マグネットデンチャー
[画像]マグネットデンチャー
残っている歯と入れ歯に特殊な磁石を埋め込み、磁力の力で装着する入れ歯です。
健康な歯への負担が少なく、審美性にも優れています。

24時間受付 診療予約

PAGE TOP

Copyright © 多摩市の歯医者|林歯科医院