歯をなるべく抜きたくない 根管治療|多摩市の歯医者「林歯科医院」

歯は財産、いつまでも自分の歯で噛むために

歯をなるべく抜きたくない 根管治療

ダメージを負った歯を抜かないための治療?根管治療?

[画像]治療の様子

虫歯治療というと歯を削ったり、抜いたりする治療をイメージされる方が多いかもしれませんが、当院では「できるだけ削らない」「できるだけ抜かない」ことをモットーに治療を行っています。どんなに高級な人工歯を入れても、自分の歯に勝る快適さを得ることはできないからです。
さらに抜歯をしてしまうと、入れ歯やインプラントで歯を補わなければいけないので、治療の負担が大きくなります。

当院ではできるだけ患者様ご自身の歯を温存するために、根管治療を行っています。
虫歯になってしまったけどなるべく歯を抜きたくないという方、まずはお気軽に当院にご相談ください。

根管治療とは

[画像]木の根

根管治療とは、歯の神経が入っている管(根管)から虫歯に冒された神経を除去し、内部を消毒して薬剤を詰める治療法のこと。
「歯を残すこと」を目的に行われます。
根管治療は処置が不十分だと虫歯が再発したり、抜歯せざるを得なくなったりすることもあるので、細心の注意と高い医療技術が必要とされます。

歯の神経の重要性
[画像]歯の神経
歯の神経は、歯の硬さのもとになる象牙質に栄養を送ったり、虫歯などの刺激に反応して痛みを伝えたりするなど、とても重要な役割を持っています。
また虫歯を防いだり、外部の刺激から歯を守ったりするなど、歯の強度維持にも欠かせない役割があります。そのため神経を抜くと強度が落ちる、歯が変色するなど、機能的にも審美的にも歯の質が下がってしまいます。
根管治療の重要性
歯の神経は非常に大切ですが、一度虫歯に冒された神経はもとには戻りません。
死んでしまった神経を残したままでは虫歯菌はいずれ歯根まで進行し、肝心の歯を抜くことになってしまいます。
歯を残すためには根管治療が必要なのです。
ただし、根管内は外から見えないため、治療が難しい部分でもあります。
当院では細心の注意を払って治療を行うことはもちろん、高精度の機器を導入して、より安全な根管治療に取り組んでいます。

PAGE TOP

根管治療の流れ

[画像]神経の除去

1.神経の除去

神経を取り除き、根管の深さを測ります。

↓

[画像]根管の細菌の除去

2.根管の細菌の除去

根管の内部の細菌をクリーニングし、消毒で無菌状態にします。

↓

[画像]薬の充填

3.薬の充填

根管にすき間なく薬を詰めていきます。さらに消毒して密封します。

↓

[画像]土台の型採り

4.土台の型採り

歯の穴の空いた部分に土台を入れるための、型を採ります。

↓

[画像]土台の形成とクラウンの型採り

5.土台の形成とクラウンの型採り

型採りをもとに土台を作ります。さらに上に被せるクラウン(冠)の型を採ります。

↓

[画像]クラウンの装着

6.クラウンの装着

クラウンを装着し、噛み合わせや見た目のバランスなどを調整します。

PAGE TOP

林歯科医院の根管治療の取り組み

当院では、下記の器具・機器を導入して安全かつ確実な根管治療を行っています。

NiTiファイル NiTiファイル(ニッケルチタンファイル)とは、根管部を切削する器具のこと。湾曲した根管に沿って切削できるため、根管内部の切削が正確に行えます。
根管充填器
ウルトラフィル
神経を抜いた後、根管に薬を充填する機器です。薬剤を溶解して充填するので、根管内部にすき間なく薬を詰めることができます。
根管内音波洗浄
ジロソニック
超音波の振動を利用して根管内部を洗浄する機器です。洗浄効果が高く、短時間で根管内部のクリーニングが可能です。

24時間受付 診療予約

PAGE TOP

Copyright © 多摩市の歯医者|林歯科医院